140703 道東5日目(カヌー&弟子屈周遊)

道東5日目は午前中に釧路川源流カヌー、午後に硫黄山、砂湯など弟子屈を周遊しました。

釧路川源流のカヌーツアーは数社で実施していますが、ガイドさんと同乗というツアーが殆ど。私はカヌーでのツーリング経験が若干あることもあり、できれば自分たちで漕ぎたいと思い、ナヌークさんのツアーを申し込みました。
朝、宿まで車で迎えに来てもらい、ナヌークさんのオフィス(弟子屈原野にあるかなりワイルド)で着替えて屈斜路湖でカヌーに乗り込みます。
この日の屈斜路湖は波もなく穏やか。
私とソッシーさんで1艇。息子はガイドさん(奥様)と同乗。もう一人のガイドさん(ご主人)が的確な指示をしてくれます。
ところどころワンドで休憩しつつ下ります。久しぶりのリバーツーリングは水の流れがとても気持ちよい。いつも乗っているタンデム自転車とは逆で、カヌーの場合は体の大きい人が後ろで舵取り役をつとめます。
ソッシーさんはリバーツーリングは初めて、私も久しぶりということで最初は緊張しますが次第に慣れてきました。
車でも自転車でも行けない場所。川の水は冷たく、そしてとても澄んでいます。
あっという間の3時間でした。
車で宿まで送ってもらい、川湯温泉駅の近くのスィート・ドゥ・バラック・カフェさんでランチ。おしゃれな店内で料理もとても美味しかった。(写真は野菜のドライカレー)
午後は自転車で屈斜路湖方面に向かいます。川湯温泉駅から自転車で5分も走ると、硫黄山。もくもく噴煙が上がってます。
駐車場から歩いてすぐに噴煙が上がっている場所に行くことができます。地面が暖かく匂いも強烈。

ここから原野を走り屈斜路湖へ。
砂湯。砂を掘ると暖かい温泉水が出てきます。
最初はビビっていた息子もいったん気に入るとしつこく掘って浸かっていました。
帰りがけに何とも寂れた川湯温泉街の立派な足湯に浸かりました。この日も午後から寒いぐらいの天気で、足湯が気持ちよかった。川湯温泉駅あたりの温泉は重曹泉なのですが、その温泉が硫黄山を通り、川湯温泉街に流れ着くと硫黄泉になるそうです。
川湯温泉駅の方に戻ります。
宿に戻る前に、くりーむ童話さんに寄ってジェラートをいただきました。宿の奥様絶賛のジェラートは本当に美味しく、息子も「スペシャル(4つ分のジェラートが乗る)が食べたい!というほど。もちろん夕食前なので却下。
宿での夕食。居酒屋風の炉端焼きなんですが、初めて食べたオショロコマがとても美味しかった。

本日の走行距離、24.22kmでした。Garmin Connect – 140703川湯温泉〜砂湯往復.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中