140702道東4日目(西春別〜川湯温泉)

 

道東4日目は、標津から路線バスで西春別まで行き、西春別から摩周湖経由で川湯温泉まで走りました。

標津の朝は驚くほど寒い。宿泊した「ぷるけの宿川畑」さんでは、自転車やバイクをガレージに置くことができました。
阿寒バスの標津バスターミナルから路線バス輪行。標津から川湯温泉までフルで走ると100km近くなることもあり、前回走ったとき地味にキツかったので、行けるところまでバスで行くことにしました。
標津のバスターミナルの待合室で、強面のおじちゃんに息子が元気な声で「おはようございます!」といったら、気に入られたのか、ジョアを買って来てプレゼントされました。
そしてカウンターのおじさんに「摩周まで行きたいんだけど、西春別で降りるのが一番近いですかね?」と聞くと、「この人何を言っているんだろう?(西春別から摩周まで25kmぐらい)」という顔をして固まってしまいました。「あ・・・そこから自転車なんで・・・(汗)」というと、地図で調べてくれて「西春別」でも終点の「標茶」からでも同じぐらいとのことだったので、西春別で降りることにしました。
このバスは本当の路線バスなので、人が住んでいそうなところをグルグル回りながら走ります。
計根別で最後のお客さんが降りてバス車内には我々だけ。西春別のどこに行きたいのか、運転手さんに聞かれ、国道273号に出たいと行ったら、コンビニの近くのバス停で降りると良いよ、と教えてくれました。阿寒バスの人は基本暇そうなこともあって、皆さんとても親切でした。
国道274号の7-11の巨大な駐車場で自転車を組み立て補給して出発。
ここでエゾジカが颯爽と走っているのを見ました。かっこよかった。
牧場と原野しかない。
摩周の駅に到着。駅前ロータリーにはサイクルステーションの看板が。弟子屈周辺ではたくさん見ました。サイクル・ツーリズム北海道推進連絡会というところが頑張って自転車観光客を呼び込もうとしているとのことです。
今回は夏休み前ということもあり、前回走ったときよりさらに自転車で周遊にしている人が少なかった印象です(二輪バイクも)

imageお昼は「ぽっぽ亭」さんで、豚丼とラーメンのセットを息子と二人で分け合いました。どちらも美味しかったです。
image

食後にちょっと移動して「摩周湖のあいす」さんでそばアイスを。詳細は忘れてしまいましたがちょっと溶けたアイスが美味しい、ということでそれをいただきました。

摩周から摩周湖まで。最初は緩やかな上り。あまり斜度はありませんが意外と長く感じました。
登る途中の絶景ポイントで。
前回来たときは霧の摩周湖でしたが、今回は摩周ブルーがバッチリ。遠くの地平線まで見えて壮大な風景に感動。(写真ではなかなか表現できないのが残念)
さらに第三展望台まで上ります。
今回はPocketRocketProにフロントバッグとキャラダイスの特大サドルバックで走りましたが、登りの時は若干重くなった印象。もう1枚軽いギアを入れようかな。
摩周湖からは長い長い下り(最後は長い直線の下りもあり)を走り川湯温泉駅に到着。ここにもサイクルステーションが。
この日から川湯温泉駅近くにある、旅人宿あさ寝坊さんに連泊。この辺がテリトリーというキツネたちがお迎えしてくれました。

本日の走行距離、54.41kmでした。Garmin Connect – 140702西春別〜川湯温泉.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中