140329 タンデム自転車まつり1日目

タンデム自転車まつり1日目は、今治港から船で大崎上島に渡り、大崎上島を反時計回りに1周して、再び船で大三島に渡りました。今回も日本中から老若男女、視覚障害者の方も集まりました。

11時に今治港集合なので、サンライズ糸山からさざなみ海道を通って、今治市内をブラっとしてから行くことに。

サンライズ糸山に置いてあった、なぎら健壱氏が載っていた雑誌をみて、日本食研のお城みたいな工場を見に行ってみることに。

焼肉焼いても家焼くな〜。下の楽譜は残念ながら晩餐館の歌ではない。

日本食研の工場は庭園見学だけなら15分程度までで無料です。入る時には受付で名前を書いてプレートを下げて見学。

あまり時間はなかったのですが息子は楽しんだみたい。そして、お土産にからあげの素をプレゼント。太っ腹だ。

今治港に戻り、受付を済ませていよいよ乗船。大崎上島までは30〜40分なので、船内で急いでお弁当を食べて下船。

普通は島を回るときは左回りのほうが海側を走れて良いのですが、この時期は西風が強いということで右回りに島を一周。島の南側は昭和が残る町並みがあり、北側は本州と近いせいか、市街地化されてます。

途中秘密のトンネル(昭和初期の手掘りトンネル)を出た頃から雨がポツポツ。

その後島の北側を走っていたら、スポーツスクールのおじさんに呼び止められて、せとかをご馳走になりました。

せとか、初めて食べたけど甘くて酸っぱくて美味しかった。

島の南岸にでて大串キャンプ場でトイレ休憩。子供達は砂浜に走る。せとうちの光景に癒される。一周を終えて、港に戻り、船で大三島の宗方港へ。

なんとか雨も本降りにならないままで大三島ふるさと憩いの家に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このふるさと憩いの家は3年前にも泊まっています。昔の学校の校舎を改修した施設で、なかなか味わいがあります。
到着後は、入浴・夕食後、懇親会で盛り上がりました。

走行距離 48km

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中