110718 利尻島一周

P1010047.JPG

 

7月18日快晴の中、利尻島を一周してきました。

(写真は、利尻富士利尻自転車道)

利尻島で宿泊したペンショングリーンウインドさんは、利尻富士利尻自転車道に接してます。

P1000971.JPG
これが自転車道。ほとんど自転車が走っていません。
利尻富士温泉を過ぎて緩やかなのぼり。
P1000972.JPG

 

森の中を登って行くと、橋のところで利尻富士が見えます。
この日は一日中、利尻富士を見ながら走ることになりました。
P1000981.JPG
結構高いところまで登っていく。北海道本島が遠くに見えます。
P1000984.JPG
3つの橋を越えると、下って、海沿いの自転車道の終点。
P1000989.JPG
P1000998.JPG
海沿いの道を走ります。昆布干してる横を通ると、昆布の匂い。

P1010002.JPG
気持ちの良い軽いアップダウンの海沿いの道を走る。

P1010014.JPG
沼浦展望台からオタトマリ沼と利尻富士を眺める。
P1010017.JPG
オタトマリ沼は観光バスがガンガン来てました。
ここは、北海道銘菓「白い恋人」のパッケージの写真に写っているとこらしい。
ソフトクリーム休憩。
P1010023.JPG
仙法志御崎公園でアザラシに餌やり。
売店の人の「低いところであげてください」という警告を無視し、
上からあげようとしてかもめにさらわれるソッシーさん。
P1010030.JPG
そして、エゾバフン雲丹〜!むきたて500円で、お店の人がてんこ盛りにしてくれます。
写真したの白っぽいまだらがかかっているのはオス。
溶けやすいのでウニ丼に入っている雲丹は全部メスだそうです。
夢のように美味しかった〜!
P1010032.JPG
ここから見る利尻富士も良い。
角度が変わるたびに山の表情も変わります。
P1010036.JPG
仙法志御崎公園を過ぎ、島の西半分を走ります。
利尻富士利尻自転車道、なぜ北半分しかないかと思ったのですが、
南側はほとんど交通量がないので、自転車道は不要だと
走ってみてわかりました。
P1010038.JPG
麗峰湧水。利尻富士に降った雪や雨が30年かけて湧き出してくる。
甘くて冷たくておいしい水でした。
沓形地域に入る前に自転車道が始まります。
P1010041.JPG
こちら側の自転車道は開けているところを走ります。
ほとんどずっと右側に利尻富士が見えている。
P1010046.JPG
沓形で自転車道を離れ、利尻ふれあい温泉の無料足湯で休憩。
この時にすでに14時ぐらいになってしまったのですが、
14:30までランチ営業している、ラーメン味楽さんに入りました。
するとお店の方が養殖昆布の手伝いに行くので14:30でお店を閉めたいのですが、
大丈夫ですか?とのこと。
30分以上あったので大丈夫でしょう、ということで急いで食べました。
P1010051.JPG
また自転車道に戻り走ります。こんな景色が続きます。
P1010050.JPG
ずっと見えてた、利尻富士。
利尻富士利尻自転車道路は、森の中を走ったり、海岸線を走ったり、
原野の中を走ったりと、かなりバラエティに飛んでいて、
とてもよかったです。
島の南側の海岸線も気持ちよく走れ、最高のサイクリング日和でした。
一周してペンションに3時過ぎに戻り、この日も利尻富士温泉に入りました。
P1010092.JPG
夕食後、ペンションの方が夕日を見に車を出してくれて、
みんなで夕陽ヶ丘展望台まで見に行ったのですが、残念ながら雲が多くなって
見ることができず。

本日の走行距離65.3kmでした。

117018 Rishiri Island Round Trip at EveryTrail
EveryTrail – Find hiking trails in California and beyond

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中