090509 水郷潮来と佐原を走る

?

5月9日(土)
潮来と佐原に行ってきました。
(写真は佐原の古い街並)


自宅から車に自転車とチャイルドトレーラーをのせて、
東関東自動車道を使って終点潮来まで。
市営あやめ駐車場に車を止めて出発。
潮来の町中はいかにも茨城の田舎町と行ったところで、
正直あまり風情が感じられませんでした。
観光船の客引きのおばあさま方にさかんに声をかけられました。
潮来大橋を渡り、水路沿いの道を走ります。
この辺は舗装も良くて車も少なくて走りやすい。
アヤメの季節は6月らしいのですが、少し咲いていました。
GPSにルートを入れて行ったのですが、あまりの目印のなさに迷走。
田んぼのど真ん中の農道を走り、利根川の土手の上を自転車が走っていたので、
土手の上に上がってみました。
土手に上がる道はあまり見当たらず、草ぼうぼうの坂を押して登ります。
久しぶりの利根川自転車道はあいかわらずの寂寥感。
それでもちゃんと電車の橋などはアンダーパスで走ることができるので、
走りやすいです。
河口に向かって走ります。
東関東自動車道の横についている人道橋で利根川を渡ります。
ここで引き返して右岸側の自転車道を西へ。
土手に鳥居を発見。香取神社の鳥居のようです。
佐原のあたりの利根川CRが工事中で小野川沿いを走れず残念。
佐原の古い街並に到着。
なかなか風情のある街並で、それなりに観光客の人もいます。
この川にも観光船が通ってます。
古い旅館
昼食は「うなぎ割烹山田」さんで。
上じか重を注文。
このお店では「うな重」は鰻とご飯が別々に出てきて、
「じか重」がご飯の上にうなぎが乗ってます。
うなぎの身はとても柔らかいのですが、
皮が弾力があるというか、かなりしっかりしている感じで、
かなりボリュームがありました。
帰りは、斜張橋の水郷大橋を渡り、すぐ右折して、
横利根川の土手上の道を通りましたが、
この道がかなり舗装が荒れていて走り心地が悪かったです。
常陸利根川を超える北利根橋からは霞ヶ浦が見えました。
この橋を渡った後は、常陸利根川沿いのCRを走り、
出発地点まで戻りました。
今回初めて潮来と佐原を訪れましたが、
潮来は水路沿いを自転車で走れず残念に思いました。
町自体も古びた田舎町といった感じで、きれいな公園はたくさんありましたが、
あまり見るところもない感じ、
一方佐原は古い街並がコンパクトに保存されていて、
水路沿いにはフレンチレストランやカフェもあり、
なかなか散策していて楽しい感じでした。
そしてこの2つの町の間はひたすら水田と水路が続く、
のどかで緑がたっぷりあり、東京生まれで都会暮らしの私にとっては、
自然を満喫できて楽しかったです。
残念ながら途中の悪路でGPSの電源が落ちたせいか、
GPSのデータが飛んでしまいました。
本日の走行距離 41.8km でした。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中