Eye-FiとFlickr!(とecto)でブログ作成省略化

Eye-Fi

最近なんか買い物づいている感じもしますが、
昨年12月にようやく日本で発売になった、Eye-Fi買いました。

(写真は右からEye-Fi SDカード、付属のカードリーダー、
普通のSDカードリーダー。
 ※Macbook Airでは構造上付属のカードリーダーが使えなかったのですが、
 普通のSDカードリーダーでMacに繋いで初期設定したので記念写真。 )

“Eye-Fi Share SD型ワイヤレスメモリカード 日本版(正規品)” (Eye-Fi Inc)

Eye-Fiとは、無線LAN内蔵のSDカードで、
無線LANアクセスポイントに接続して、
Eye-Fiを入れたデジカメで撮影した画像を
ローカルPCへ自動で転送および、
FlickrやEVERNOTE,VOX,Picasaなどなどに
自動でアップロードしてくれるのだ。

あくまでも無線LANアクセスポイントに接続してないといけないんだけど、
この自動で、というのが第一のポイントで、
オンライン写真サービスなんかにもアップロードというのが第二のポイントでした。

例えば私の場合だと、出先で写真を撮って、
家に帰ったらデジカメの電源をオンにするだけで、
自宅のMacbook AirのiPhotoとFlickrの両方に
写真が自動的にアップロードされちゃっているわけです。

私は最近はブログで使う写真でも何でもFlickrにあげておいて、
ブログではimgタグで画像を挿入させているので、
Eye-Fiによって、省略化できる部分が非常に多いと思い購入しました。

(これまで)
1デジカメで撮影
iPhotoに読み込み
3iPhoto Uploader使ってFlickrにUP
その写真使ってブログ記事作成。

(Eye-Fi導入で)
1デジカメで撮影
2すでにアップロードされてるFlickrの写真使ってブログ記事作成。
※Flickrに自動アップロードされた画像はデフォルトでPrivateモードにしてあります。

さらにブログの記事作成には、ectoというソフト使った方が
断然便利ということに今更気づきました。

ectoとはMacのブログ投稿用のソフトです。
(Windowsにおける、Windows Writer のようなもの)

購入して以来、さっぱり使ってなかったectoですが、
(あまり使うメリットを感じてなかった)

実は、ectoにはFlickr Helperが標準装備されていて、
このFlickr Helperを使うと、
簡単にFlickrの画像をブログで表示できるようになります。

(ちなみにスゴイのは自分の画像だけでなくて、
Flickrで公開されている画像ならどれでもOKということ)

でも、画像サイズが、大(500)中(240)小(100)しか選べないのはちょっと残念。
( 私は320×240が好きなのだ。)

カスタマイズメニューがあるといいのにな、と思ったけど、
ecto内のHTMLエディタで、タグいじれば良いか。
写真が多いと、ちょっとめんどいけど。

09/01/08 12:42   
500(大)で選択したあと、imgタグを320×240に変更。

これでブログ作成の面倒な部分がかなり簡略化されたので、
今年はバリバリ書いていきたいですね。

広告

Eye-FiとFlickr!(とecto)でブログ作成省略化」への2件のフィードバック

  1. Eye-Fi、サイトを見てみましたがとても便利そうですね!
    僕のカメラはごついカバーを付けているので、
    メモリを出すのにいちいちネジを緩めなくてはいけないので大変でした。
    これは僕も買ってしまいそうです。

  2. >鹿之助さん
    Eye-Fi、めっちゃ便利ですよ。
    自宅で撮影したなら、即アップロードだし。
    MovableTypeにもアップロードできるみたい。
    (でもWeb上のアップロード先は1カ所しか選べないけど)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中