治療方針の決定

4/9(水)、帝王切開の抜こう(抜糸でなくてホチキスみたいなもので傷口を留めた)も終わり、傷口も綺麗?にくっつきました。
そして、産科としての治療をすべて終え、同じ病院の内科病棟に移りました。

私の体調は良好です。
また、NICU(新生児集中治療室)に入院中の息子も急性期を脱し、安定しています。
1日2回NICUに行き、保育器の中の息子を眺めたり撫でたりしているだけで、幸せな気分になります。
(写真は産科病棟で同じ部屋だったMさんからのいただきもの。同じ歳で気が合うのです。上のお兄ちゃんもソッシーさんに懐いてます)


出産すると体質が変わるといいますが、私も出産後、プレドニンの効きが良くなりました。

血液検査の数値も良くなり、懸案のCRP(炎症反応)も陰性化しました。

先週の土曜日から、免疫抑制剤薬のメソトレキセートを追加し、今日からプレドニンを1日60mgから50mgに減量します。

今後2週間に10mgずつ減らして行き、1日30mgまで下げても問題がなければ、退院の予定です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中