070818 猪苗代?大内宿?塔のへつり?湯野上温泉

猪苗代湖
福島ツーリング2日目。昨夜激しく降り続いていた雨も止んでくれました。
猪苗代から会津若松までは快適なダウンヒル。
(写真はペンションから少し下ったところの風景。猪苗代湖が遠くに見えます)


会津若松市内まで国道を通らないルートをペンションのオーナーに教えてもらいました。
会津河東ICまでは、路側帯も十分にあり、交通量の少ない県道を快適にダウンヒル。
しかし、その先でミスコースしてしまい、少しの間ですが、国道49号を走ります。やっぱりトラックも多いし交通量が多くて路肩も少なく怖いですね。(昨日の五色沼?猪苗代の国道459号も交通量が多かった)
日本の場合は、自転車は国道を避けて、平行して走る県道があればそちらを選んでいくのがベストだと痛感しました。
会津若松市内
会津若松市のコンビニで補給し、阿賀川を渡りまたのどかな県道に入り南下します。だんだん南会津の山並みが近づいてきます。
(阿賀川沿いには熱塩温泉までいけるサイクリングロードを発見。涼しい時期は良いかも・・・)
大内宿こぶしライン.jpg
会津美里町を南下し、「大内宿13km」の看板を右に曲がり、大内宿こぶしラインに入ります。
大内ダムまでのこの道は、GPSにも載っていないし大丈夫なのか?と不安でしたが、こちらも交通量が少なく路面状態の良い道で快適(?)なヒルクライム。
どんどん登る
やがて本格的な登りに入ります。途中地元のおじいさんに「頑張りますねぇ」と声援を受けつつ、相変わらずのインナーロー(かインナーから2枚目)でクルクルのんびりと登っていきます。
まだまだ登る
のんびりですが、だんだん標高を稼いでいきます。なんだか「筋トレ」しているみたいにマイペースでクルクル。トランス状態に入りつつ、引き足を意識してまだまだ登ります。このあたり、7%、8%の標識がずっと続きます。
大内トンネル
大内トンネルの手前の氷玉峠で休憩。ここから下ります。
大内ダム
「トンネルを越えると」・・・ダム湖でした。
眼下に大内宿
大内ダムから眼下に大内宿が見えます。
観光客でにぎわう大内宿
何とか13時に大内宿に到着。
大内宿(おおうちじゅく)は江戸時代の宿場町でしたが、明治になり国道118号が整備されるにしたがって、時代に取り残されてしまいました。しかし昔ながらの宿場町の町並みが残っていたため、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。現在は昔の集落を修復、改築して土産物屋、食堂などに使われています。
みなとや 店内
昼食は「みなとや」さんで。
しんごろう
名物「しんごろう」(うるち米を半分ついて、えごま入りの甘辛味噌をつけて焼いたもの)と地鶏蕎麦を注文。蕎麦は普通でしたが、「しんごろう」は美味しかった。うーん、蕎麦じゃなくて「トチ餅」にすればよかったかなぁ。
大内宿全景
急な階段を登って(古い石段でところどころ壊れてる)小高い神社から大内宿全景を撮影。
大内宿で観光した後、湯野上温泉までダウンヒル。
ここで、2日間で初めてロード乗り二人組と遭遇。お互いに挨拶を交わします。
阿賀川を渡り118号と並行する県道(こちらも車が少なくて走りやすい)を走って、塔のへつりを観光。
つり橋
ガンガン揺れるつり橋を渡りました。
塔のへつり1
大昔の川の流れや風雨によって侵食された岩が「塔」のように見えるので「塔のへつり」なんでしょうね。(へつり、とは「壁を伝って移動する」という意味の会津地方の方言だそうです)
塔のへつり2
かなり上のほうまで侵食が。現在のほとんど流れがない水面を見ると信じられません。
来た道を戻って湯野上温泉まで。観光案内所で日帰り温泉をたずねると、この辺の旅館は3時からは宿泊客相手になるのであまり日帰り温泉はないらしい。駅前の「えびす屋」さんを紹介してもらいました。
えびす屋露天風呂
入湯料500円を払って露天風呂に入りました。洗い場には水が出るゴムホースと石鹸だけ、というなかなか野趣あふれる温泉でした。・・・って対岸の道路から丸見えです。(笑)
湯野上温泉駅
湯野上温泉駅はなかなか風情のあるかやぶきの駅舎。ここで自転車を折りたたみ輪行です。
湯野上温泉駅構内
会津鉄道は1時間に1本しかなく、40分以上待ちましたが、駅構内がくつろげるスペースになっているので良かったです。囲炉裏があったり熊の毛皮が飾られてたりして南会津の雰囲気が味わえる良い駅舎。
湯野上温泉からAIZUエクスプレスで鬼怒川温泉まで。鬼怒川温泉から浅草までスペーシアで戻ってきました。
今回の福島ツーリングはGWに企画していたのですが、私の体調不良などがあり中止となっていたプランでした。今回3ヶ月ぶりのリベンジとなりましたが、坂道もそれなりに登って、観光も楽しみ充実した2日間となりました。
裏磐梯はあいにくの雨で観光ができず残念でしたが、全体的に車が少ない良いルートで、また紅葉の季節にでも走りに行きたいな。
本日の走行距離 64.4km
獲得標高 1548m
でした。
http://route.alpslab.jp/fslide.swf

広告

070818 猪苗代?大内宿?塔のへつり?湯野上温泉」への5件のフィードバック

  1. 福島サイクリング 二日目(猪苗代-大内宿-湯野上温泉)

    8月18日 猪苗代ー会津若松ー大内宿ー湯野上温泉(ルートはこちら)
    今日は江戸の宿場町の雰囲気を残す大内宿へ行って、湯野上温泉駅から東京へ戻ります。
    朝…

  2. 岳温泉から道の駅土湯までフラットだなんて、ussyさん快調すぎ。相当登ってますから、あそこ。
    といいつつ、今回のルート、大変参考になりました。
    ペンションにも泊まってみたいなあ。あの献上桃は、他県産と較べても甘さが独特で好きです。

  3. さいとうさん:
    今回のルート参考にしていただければ嬉しいです。
    ぜひゆうこさんと走ってみてください。
    時間に余裕があれば、裏磐梯1泊、東山温泉1泊して会津若松や喜多方を観光しながら回ってみたほうがゆっくりできるかも。
    ペンションの料理も良質の素材を生かしたやさしい味。
    桃のアイスも甘さ控えめで本当に桃を食べているみたいでした。

  4. 前日の五色沼から猪苗代は会津氷玉峠ヒルクライム参加の時、前日逆に登ったルート、そしてussyさん達もヒルクラした訳ですね。
    おいらも南会津はお気に入りです、湯野上温泉から更に南に下って、会津田島から檜枝岐、尾瀬御池当りまで足を伸ばすのも最高です。

  5. kazuさん:
    南会津は初めて走りましたがとても良いところでした。
    次回はぜひさらに南下して檜枝岐や尾瀬御池も行ってみたいな?。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中