道路交通法改正試案にパブリックコメントを送ってください

ふぉあぁさんやソッシーさんのブログでもすでに記載されているとおり、警察庁は道路交通法の改正を検討しています。→「道路交通法改正試案」に対する意見の募集について
すでにこの改正案や、「自転車の安全利用の促進に関する提言」はお読みになった方が多いと思いますが、この改正の1つの目的は、自転車の通行区分の明確化です。


この改正が成立すると、
(現行)
・例外的に道路標識等で通行が認められている場合にのみ歩道を通行することができる。
(改正後)
・道路標識等により普通自転車歩道通行可の規制がなされている場合
・児童(6歳以上13歳未満の者・幼児(6歳未満の者)が普通自転車を運転する場合
・車道を通行することが危険である場合等
車道を走ると危険な場合、自転車が歩道通行できる場合が広がりますね?。安全になりますね?、素晴らしいですね?!
歩行者の安全はどうやって確保されるのでしょう?
歩道の幅はこれまでどおり狭いまま。さらに店先の陳列や看板などが占拠していて、今ですら、歩道を人の間を縫うようにスピードを出して走り抜けていく自転車や、携帯電話片手に走る自転車が多くて危ないですよね?
さらに歩道を走る自転車が増えて・・・
この法改正の意図するところが全く持ってわかりません。
ただでさえ狭い歩道に歩行者と自転車を押し込めれば、今度は自転車対歩行者の事故が増えますよ?
車道は邪魔な自転車が消えて、車対自転車の事故が減り、さぞ車が走りやすくなるでしょうね?
と、ついつい興奮して筆が滑ってしまうわけですが、現在、警察庁では、この法改正に対するパブリックコメントを募集しています。(1月28日まで)
このパブリックコメントで相当の反対意見がない限り、改正は成立されてしまいます。
というわけで、試案に対するパブリックコメントをぜひ送ってくださいませんか?
ちなみに、「自転車ツーキニスト」の疋田氏のメルマガに掲載されている疋田案を転記いたします。
(文章を改編せずに、ということを条件に、できるだけたくさんの人の目に触れるようにして欲しい、という氏の要請に基づくものです)
■■ヒキタ式パブコメ案■■
「道路交通法改正試案」に対するパブリックコメント
氏名  (*法人又は団体の場合は、その名称及び代表者の氏名)
連絡先 (*住所、電話番号又は電子メールアドレス)
*パブコメ応募要項には「ただし、氏名及び連絡先の記載は任意です」とされる。だが、私ヒキタとしては記載した方が好ましいと思う。
【本文】
道路交通法改正試案(以下、本試案とする)の中、「3 自転車利用者対策の推進(1)通行区分の明確化」の全面削除を求めます。
当該の項目については、一見、自転車の車道通行の原則維持、無秩序な歩道通行の是正などが強調されてはいますが、これらは現行法の維持に過ぎず、法改正の名に値しません。
よって、当該項目の内容骨子は次の通りであると認定できます。
「自転車の歩道通行の条件を拡大し、その要件を法律で定めること」
これは国民の福祉および日本の国益に明らかに反するものであり、全面的な削除を求めるものです。
その理由は次の各項目にあげるとおりです。
●現在、自転車対歩行者の事故が急増している(10年で4.6倍)のにも関わらず、その解決法を、自転車の歩道通行の条件緩和に求めるのは、まったく矛盾しています。
●現状でも「無秩序な」自転車の歩道使用状況なのにも関わらず、その要件を緩和するならば、無秩序はさらに助長され、混沌状況を生み出すことは容易に推測可能です。加えて、現実として警察官の乗車する自転車が、無秩序に歩道を走る現状を鑑みると「警察官等が危険だと判断した場合には、歩道から下りなくてはならない(指示に違反した場合には、処罰の対象となります)」との措置の実効性には、期待をもつこと自体が甚だしく困難です。
●高齢化が進む今、歩道の高齢者が今後ますます増えることが予想されます。その歩道に自転車を上げる条件を緩和することは、事故を誘発することになり、国民の福祉を大いに損ねます。
●現時点でも、障害者(中でも視覚障害者)にとって、歩道を走る自転車は多大な脅威になっています。それを助長することは断じて許されません。
●環境問題という観点から見ると、自転車はスピーディに移動する権利を有し、クルマの機能の一部を代替する交通手段となり得なくてはなりません。危険な道路であるのなら、危険でない道路にするべきです。その点、本試案が「踏まえ」ることとする「提言」中のは、自転車の走行を大いに阻害し、結果として、さらなる環境悪化を呼ぶことが懸念されます。これは世界の潮流にあからさまに逆行するもので、環境に対する悪影響だけでなく、国際社会においての日本の国益を大いに損ねるものです。
●本試案は、道路シェアの再構築という喫緊の問題にまったく言及されておらず、道路行政のさらなる混乱を招くものであるのみならず、過度のクルマ依存社会をさらに助長するものとなっています。
●本試案にある「自転車の原則、車道通行」「自転車の歩道通行が言わば無秩序になされている状況」などについての是正措置は、現行法で十分対応可能であり、法を改正する意味がまったく認められません。
●本試案が「踏まえ」ることとしている「自転車の安全利用の促進に関する提言」は、わずか6ヶ月、わずか6回の会合で提出されたものでしかなく、交通行政、中でも自転車行政に対しての深い思索、真摯な取り組みに、明らかに欠けていると言わざるを得ません。
●およそ30年間続いた実質上の自転車歩道政策により、我が国においては、車道を児童、高齢者などが自転車通行するのが困難になりました。ですが、そのことは今後、欧米諸国のように、自転車レーンの整備などで補完するべき事柄であり、本来的な歩道通行の緩和の要件にはなり得ません。
いずれにせよ、今法改正の当該箇所「3 自転車利用者対策の推進(1)通行区分の明確化」は、浅慮に基づくものであり、自転車問題をより悪化させるものと断じざるを得ず、法案となるに値しません。少なくとも、本試案の該当部分を削除し、現行法を維持する中、我が国の交通のより良き未来を作るべく、新たな法整備、インフラ整備への相応の努力をすることこそが急務であると考えます。
以上。
送り先は次の通り。
koutsukyoku@npa.go.jp
※件名にパブリックコメントと必ず記入すること。
〒100?8974
郵送東京都千代田区霞が関2?1?2 意見提出先 警察庁交通局交通企画課法令係 パブリックコメント担当
FAX 03?3593?2375
※1枚目にパブリックコメントと必ず記入すること。
平成18年12月29日(金)から意見提出期間
平成19年1月28日(日)までの間(必着)

広告

道路交通法改正試案にパブリックコメントを送ってください」への4件のフィードバック

  1. パブリックコメント送っておきました。昨年末から色々なところで目にしてたので、暫く様子見と云うか考えていました、確かに深読み過ぎじゃないの、と言う面も無くないと思ってもいるのですが、それでもこうした形で自転車乗りとしての意見を数の上だけでも示しておくのも悪くないと思うに至ったからです。
    しかしこの件に関してJCRでしたっけ、各自転車関連団体が全く表面的に動いてないのが気に入りません。シマノ・ブリジストンを始め自転車を作ってる人の団体とか、自転車屋さんの団体とか、各自転車競技連盟とか、ブルベ団体とか、競輪業界とか、東京シティライドを組織してる団体とか、各市民レースやヒルクライムのオーガナイザー達とか。深読みなら深読みだよと云う根拠をアナウンスするだけでも影響があると思うのに。

  2. ん?何故かkazuさんのコメントが読めないにょ。
    この法案については以前から?と思っていたのですが、考えがまとまらず、なかなか記事にできませんでした。
    でもヒキタさんのメルマガ読んで、やはりココはきちんと意見表明すべきだと感じ、2時間もかかってパブリックコメントを書きました。
    この法案には自転車海苔の立場からも、歩行者の立場からも反対です。
    確かに深読みしすぎなのかもしれませんが、あいまいな判断基準の「危険な箇所」が自転車を歩道に上げるための突破口になることは間違いないと思います。
    そしてこのパブリックコメントさえ乗り切れば法改正は必ず行われてしまいます。
    本当に自転車業界は何をやっているんですかね?

  3. ussyさん、こんにちは。
    パブリックコメントのまとめと警察庁の考え方がリリースされましたね。
    http://www.npa.go.jp/comment/result/koutsuukikaku6/20070215.pdf
    個別案に対する約2600の意見のうち、半分が自転車に関する反対意見となっていました。警察庁は心配するなといってますが、車道走行禁止部分がなし崩し的に拡大されないことを願います(走れないのは、オーバーパス、アンダーパス、橋くらいに抑えて欲しい)。歩道のカラーリングで自転車と人とを分離することは既に実施されていますが、守られてはいないようです。昭和通りでは、自転車走行部分が駐輪場と化してそもそも走れないようなところもありました。車道部分に自転車レーンを設けても、線を引くだけだと単に駐車スペースとなるだけのような気もします。
    歩行者の安全については、次のようなアナウンスがありました。
    http://www.asahi.com/car/news/TKY200702190319.html
    まとめにせよ、歩道を走る自転車の調査にせよ、警察は意外とフットワークが軽いなと感じました。
    指導の強化については、是非、右側走行・無灯火・信号無視に対する強化を図って欲しいと思います。
    ussyさんはどう読みましたか?

  4. NP-Completesさん、こんにちは。
    情報ありがとうございました。
    まず、意見が2600通しか集まらなかったことにショックを受けました。
    スポーツ自転車愛好家のうちほんの一握りのひとしか意見を送らなかったんですね・・・
    そして、警察庁の反対意見=誤解と決め付けるところも納得がいきません。
    結局反対意見を誤解として、修正案はいじらずに「大丈夫だから」ということで通すんですね。
    この内容は、ヒキタさんのメルマガに出ていた警察省官僚の説明とは異なってます。
    事態は好転したのか・・・?非常に疑問です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中