2006.11.11 ツール・ド・おきなわ2006 本島一周サイクリング1日目

061111_0702~01.JPG
2006.11.11?12、ツール・ド・おきなわ2006 本島一周サイクリングに参加して、沖縄を満喫してきました。
(写真はスタート前)
なるべく詳細に記録してます。長文ですよ。


【前日】
本島一周サイクリングは、沖縄本島のちょうど真ん中の名護市を基点に、1日目が本島の北側半分、2日目が南側半分を8の字に島の輪郭をなぞって走る、走り応えのあるイベントです
大会の方の話によると、1日目が189.3km、2日目が123.7kmで、合計313kmとのこと。
しかも1日目はかなりアップダウンがあるとのことで、これまで平地でも150kmぐらいしか走ったことがない私ですが、完走できるかな?と少し不安になりつつの参加です。
大会前日の夕方に受付と説明会があるため、前日から名護市入り。
遅めの飛行機で15時30分に那覇入りし、格安レンタカー(4日間で10,944円!)を借りて、高速で一気に名護市まで入りました。
ホテルについて、先にサイクリングヤマト便で送っておいた自転車を組み立てていたらもう18時過ぎ。
あわてて車で説明会場に向かい受付を済まします。
会場でゼッケン、パンフレット、Tシャツ、ドリンクボトルなどを頂いて説明会へ。
会場でひととせさん、JINさんと会います。
いきなり「めんそーれ!」と挨拶のひととせさん。いいノリしてます。
説明会にちゃんと出席し注意事項を確認します。
今回は400人以上の人が参加とか。海外からの参加者もあるとのことで説明は英語逐語通訳付きです。
20時に説明会を終え、ホテル(喜瀬ビーチパレス)まで戻ってホテル内の居酒屋で軽く食べて早めの就寝。なんだかバタバタで前日終了。

【スタート前】
翌朝5時に起床し、自転車を調整したあと、自転車とダンボールを車に詰め込み、会場の名護市民会館まで。
宿泊した喜瀬ビーチパレスから名護市民会館までは10kmぐらい?あると思うのですが、自走している人がいます。えらい!これから190kmも走るのに・・・
駐車場に車を止めて、受付時間の6時30分にバタバタと会場入り。
特に受付はありませんでした。
ホテルで朝食の代わりに用意してくれたランチボックスを食べて出発を待ちます。
ひととせさんたち見当たらないなぁ・・・
ソッシーさんが行きの電車で会った、TREK乗りのお兄さんと会って談笑。
それにしても、皆さん、いい自転車に乗ってます。
キャノンデール、TREK、コルナゴ、ピナレロ・・・すごいよ。ほんとに。
ざっと見てロードが9割以上、残りがクロスバイク、MTB、小径でしたが、小径はたぶん全部で10台もいなかったんじゃないかな?(ちなみに6台がBF、KHSとDAHONを1台ずつ見ました)

【午前の部】

さて、7時を過ぎて、1列になってスタートです。
我々はのんびり行くので最後のほうでスタート。
最初は本部半島をぐるっと回ります。
市街地を列になって走り、1時間もしないで第1休憩ポイントの海洋博記念公園に到着。

朝日を浴びて記念撮影。海の向こうに伊江島が見えます。
写真撮影と補給を終えてさらに進みます。
本部半島を回り終えて、海岸線を北上します。
左側に海を見ながら走るのは気分が良いですね。車もそんなに多くないので快適に入れます。

第2休憩ポイントの大宜味村道の駅では、シークワーサージュースのサービスが。
あっさりして少しだけすっぱくて美味しい。ボトルにも入れてもらいます。

第2休憩所をスタート。
ここから北風が強くなります。
ちょうど前に25kmぐらいのペースで走っているグループがあり、後ろに付かせていただきました。
中に女性がいる集団なので坂道で適度にペースダウンしてくれるので助かりました。
暴風といってもいいぐらいの向かい風の中、10人ぐらいの隊列で海岸線を北上し、坂を一つ越えて昼食場所の「奥やんばるの里」には11時45分に到着。
ここに12時に到着しないと、回収されていたのでギリギリですね。

北部のほうは車もめったに通らず、山深くとてもいい所。
本州では聞いたことのないセミ?が鳴いてます。

昼食は豚汁と白飯。
豚汁といっても本州のとは違い、骨付きの豚バラ肉がゴッソリ入ってます。
汗をかいたせいで塩分を感じない。
塩が置いてあったので、汁にかけて食べます。
白飯もモリモリ食べ完食。あまつさえ、豚汁はお代わりもしました。
軽く自転車の調整をして、12時30分に出発。

【午後の部】
ここからが本番です。
200メートルぐらいの坂をいくつも越えて行くのですが、斜度がそれなりにあるので、ギアが足りません。
ゆっくりながら淡々と登っていきます。

自然豊かな海岸。
坂道の途中でやんばるファームホテルの方が自主的に給水ポイントを設置してくれてました。
汗をかいて暑くなっているので冷たい水はありがたかった。
とにかく坂道を登って下って・・・を繰り返し、14:45に休憩ポイントの安波共同売店に到着。
ここで、ひととせさん、ほっしょこさんとやっと会うことができました。
ひととせさんは足が攣りそうになってだましだましやってきたとのこと。
JINさんには置いていかれてしまったようです。
さらに坂道を登って下って・・・
この頃から、一緒に走るメンバーが固定されてきます。
登りで追い越し、下りで追い越され、休憩所で追いつかれ、また登りで追い越す・・・
坂道で、結構男性を抜いていったのは嬉しかった。
以前よりは若干スピードアップしているようです。
それでも十分遅いのですが。
まずは坂道で10km/h以上で走れるようになりたいなー。
16時に坂の入口で自主的休憩をとっていたら、「にゃー!」
ネコさんに呼ばれました。

もう1つ坂を登って最終休憩ポイントに到着。
ここには17時30分までに到着しないと回収されてしまうのですが、17時前には到着できました。
良かった!

サーターアンダギーやみかんを食べてリフレッシュ。
もう一つ坂を越えて、名護市内に入り、1日目のゴールの喜瀬ビーチパレスに18時過ぎに到着しました。

到着。膝の痛みも出ずに(後述します)、無事走りきることができました。
190kmという話でしたが、GPSのログだと183km。それでも十分お腹一杯です。
到着後、JINさん、ひととせさん、ほっしょこさん、miuraさんと夕食会場で乾杯。
その後居酒屋で反省し、10時過ぎには就寝しました。
1日目のルート。

広告

2006.11.11 ツール・ド・おきなわ2006 本島一周サイクリング1日目」への3件のフィードバック

  1. お疲れ様&お世話様でした。
    詳細なご報告に感謝。アタシはリンクを張らせて頂いて、報告終わりにしちゃおー (笑)

  2. ジークフリート

    立派なレポートで沖縄の情景がよくわかります。流石ですね!
    画面をスクロールしていてネコちゃんの写真のところで顔が緩んでしまいました(笑)

  3. ひととせさん:
    こちらこそお世話様でした。
    >リンクを張らせて頂いて、報告終わり
    ほんとにそうしましたね!(笑)
    でも違う角度からのレポートも楽しいですよ。
    ジークさん:
    まだまだ書き忘れていることもあるような気がするのですが・・・
    ネコはお愛想よしでメチャクチャかわいかったですよ。
    おかげで車に引かれそうになっちゃいました(ネコが道路を渡ろうとしたので「危ないよ」と道路に出たら・・・:恥)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中