8/21道東3日目

060821095554

道東ツーリング3日目
標津>開陽台>摩周(昼食)>摩周湖>屈斜路湖(泊)
走行距離 113.7km

朝8時に標津の宿を出発して、GO WEST!
この日は完全な向かい風、しかも登りペースということで調子がでません。

まっすぐな道路を走って、まずは開陽台展望台まで。
ここは標高240メートルぐらいの高台にあり、300度の地平線が望める場所。
開陽台の入口は一方通行になっています。
どうみても上りのほうが斜度が急!車への配慮なんですかね?。
060821101832
なんとか開陽台に到着。残念ながら霧で地平線は見えず。
060821103332
売店で「知床のしお」アイスを購入。これで生き返りました。

開陽台では、MTBに大荷物を積んだ若者達がキャンプを撤収してこれからスタート。
実は北海道ではローディーの姿はほとんど見なかったのです。
みんなMTBに荷物を大量に積んで移動。
もちろんレーパン履いている人もいませんでした。
やっぱりダサいんでしょうね>レーパン。
私も最初は抵抗があったけどだいぶ(かなり?)慣れてしまいました。

休憩後、またひたすら西に向かって走ります。もちろん道路沿いにはなんにもありません。
ちょっとパラパラ雨に降られますが、本降りにならず助かりました。

アイスパワーで、ゆっくりペースながら順調に摩周まで到着。
少し遅めのお昼です。
060821_1420
摩周の「辻谷食堂」
カフェ風のオシャレな店内。このお店の周りの風景も「高原リゾート風」でした。
初めてスープカレーは野菜も質実剛健な感じでなかなか美味しかったです。
一緒に頼んだ「チャイ」もスパイスが効いた本格味。

お腹もいっぱいになったところで、摩周湖を目指します。
最初のうちは傾斜が緩やかでしたが、途中から斜度がきつくなります。

鬼コーチが、「斜度が緩くなったところが休憩ポイントだ!」(つまり止まって休むな、ということ)といわれますが、やっぱり途中で1回小休止。
ここからさらに頑張って登り、摩周第1展望台に到着。

登ったところは、まさに霧の摩周湖。
060821160258
霧の切れ間から湖面と対岸が見えます。

本当は第3展望台まで行って川湯温泉経由で屈斜路湖まで南下する予定でしたが、時間が押しているのと、疲れていること、南風が強いことから登った道を戻り屈斜路湖まで。

摩周湖からの下りで、大型バスに至近距離で脇をすり抜けられ、風圧であおられフラフラ。
ここで転んだら死ぬ!と思い踏ん張りました。怖かった?。

今回の旅行では概してトラックはある程度距離をあけて脇を通ってくれましたが、大型バスにはヒヤッとさせられることが多かったです。トラックのほうがマナーがいいってこと?

南風に背中に押され、気持ちよく屈斜路湖に到着。
今日のお宿は、屈斜路原野ユースゲストハウス
060821173158
遠くに屈斜路湖が見えます。

060821173216

こちらも車庫の中に自転車を入れさせていただきました。

060821_2059
内装もログハウス調でなかなかきれい。
ユースなのに個室利用可能で、お風呂は温泉。
食事は和風のコース料理で食後のカクテル1杯付き。
これで7000円はなかなかお値打ちでした。

後から思い返すとこの日が精神的にも肉体的にも一番厳しかったです。
食事の写真がないことからも疲れてお腹が空いてたことが良くわかりますね。(笑)

ビールとカクテルで終了。
060821

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中