6月24日(土)デュッセルドルフそして帰国

さて、今日はいよいよドイツ最後の日。
ドルトムントから60kmぐらいのデュッセルドルフ空港から帰国する予定なので、せっかくなのでデュッセルドルフに立ち寄りました。

デュッセルドルフはこれまで訪れた街のなかでも一番大きな街。
土曜日ということもあり、中心街のケーネヒス通りも人が沢山。(写真)


「ハイネマン」という老舗のお菓子屋さんのカフェでケーキを食べました。
※デュッセルドルフは詩人「ハイネ」の生家があります。
(写真はお店の入口。ディスプレイがかわいい)


いちごのタルトは、ごくごく薄いパイ生地(片面にチョコレート)の上に、大量のフレッシュないちごと甘くないいちごゼリーが載っていて、
ものすごく美味しかったです。
たぶん、いままで生きてきた中で一番美味しいいちごタルトでした。脱帽。


そして食後はライン川まで散策。
平和な風景ですね。

ライン川沿いのカフェではみんなビールやジュース、ワインを飲んでいます。

ケーネヒス通りの中央にある運河。

無事デュッセルドルフの空港でレンタカーを返却し、ドイツ旅行も終了。
初めてのドイツ旅行でしたが、天気にも恵まれ(基本的に晴れ)、緑豊かで清潔で安全なドイツをしっかりと味わうことができ、大満足でした。

さて、ドイツで感じたアレコレをまとめてみました。

(1)レンタカーはお勧め。

 今回、レンタカーで1200kmほど走りましたが、アウトバーンは非常に走りやすく、
標識もわかりやすいので日本の高速道路を走ってる人であればOK。
私はこれまでハワイとカナダでもレンタカーを借りてますが、左ハンドル右側通行も2時間ぐらい走ればなれると思います。
ただしドイツの都市の中心部はほとんどが昔の城壁の中なので、道が入り組んでいて地図があったとしても非常にわかりにくかったです。

 車だと鉄道で行きにくい場所にも行くことができるし、荷物の運搬も楽々。時間も自由なので非常にゆったりした旅行が出来ました。

(2)各地方ごとの特色
 今回は南ドイツから中央ドイツまでを旅行しましたが、南ドイツは緑が多くて牧歌的風景。ライン川周辺は観光地、
ルール地方は近代都市とそれぞれ異なる特色を感じることができました。
 
(3)気温差
 道中ほとんど晴れ。南ドイツはかなり気温が高く(日中30度)、中央ドイツは涼しかったです。
特にドルトムントの日本戦の日は曇りで涼しくレプリカジャージの下にパーカー、上にGジャンを着てちょうど良いくらいでした。
 日中暑くても夜は涼しくなったり、日ごとにかなり気温差があり、また乾燥しているので体調管理に要注意。(ね、俊輔くん)

(4)トイレ
 トイレはどこも清潔でしたが、空港やお店のトイレでも何故か個室内にトイレブラシが置いてありました。汚したら自分で掃除する、
ということなんでしょうか?

(5)食事
 食事はどこでも量が多く、また塩分が強め(寒い地方だからか?)でした。
 また、肉料理はクリームを使ったコッテリしたものが多かったです。
 これまでドイツパンはボソボソして硬くてあまり好きではなかったのですが、パンが本当に美味しく、
今回の旅行でドイツパンが大好きになってしまいました。

このパンの上にナッツやゴマが付いたタイプのが美味しかった。

(6)お酒
 ビールはどれも美味しかったです・・・ではなく、個人的にはドルトムントのHovelsが一番でした。
 またドイツワインは甘い、というイメージがありましたが、甘くない(Troken=ドライ)ものも多く、飲みやすかったです。

(7)自転車
 本当に自転車で走っている人が多く、バリバリのロードレーサーも見かけましたが、南ドイツではMTB・
シクノクロスに荷物を沢山積んで旅行している人も多く見かけました。
ほとんどの道で自転車レーンが整備されており、走りやすそう。
 「バイカー歓迎」という看板が出ているB&Bもみかけました。
 南ドイツ(ミュンヘン~ニュルンベルグ~ハイデルベルグ)の風景が気に入りました。
次回は是非自転車でロマンティック街道を巡ってみたいです。

(8)言葉

 ドイツ語は全くわからない私たちでしたが、(大学時代の第2外国語がフランス語)、必要に迫られてだいぶ単語は覚えました。
(特に道路関係。Einbarnstrabe(一方通行)とか、Auffahrt(高速出口)とか、東西南北も覚えた)
出発直前に買った電子手帳の「独和・和独」オプションも大活躍。
もちろん英語もかなり通じるのですが、ドイツ語をもっと覚えていくと、より現地の方とのコミュニケーションが図れるようになると思います。
私も次回行くことがあればもう少し話せるようになっていきたいとおもってます。

まだまだ書き足りないような気もしますが、とりあえずこの辺で。

 

広告

6月24日(土)デュッセルドルフそして帰国」への7件のフィードバック

  1. 楽しい旅行記拝読させて頂きました。お天気も
    まずまずで、美味しい食事も頂いて此で日本が
    1勝でもしたら応援に行った喜びも増した事と
    思いますが残念でした。でも此だけ楽しい旅が
    出来まして何よりでした。次はハワイのセンチュリーが有りますので楽しい事の連続ですね!
    体調には充分注意して下さい

  2. ジャンボさん:
    おかげさまで楽しい旅行になりました。
    サッカーについては自分の中でいまいち整理されていないのですが、ゆっくり振り返りたいと思ってます。
    非常に残念ですが、どうやらセンチュリーライドは仕事の関係で無理そうです。
    時差ぼけからまだ回復していないので、今週は無理せずゆっくり休みたいと思います。
    隣の席の上司の風邪をもらってしまいそうでちょっと不安です。(^^;

  3. 祝無事帰国&長旅お疲れ様でした
    近々土産話を聞かせてくださいね~
    やっぱり「お金と有休はこう使え!」って感じですね
    筑波の麓にドイツパンを食べさせてくれる秘境を発見しました(Tongchaiさんですが) 是非行きましょう!!

  4. きやのーんさん:
    来週あたりAJITOオフやりましょうか?
    ドイツパンほんとに好きになってしまいました。つくば行きたいですね~。
    ぜひ帰りはTEX輪行で。
    そういえば、沿線市からTEXの会社に自転車持ち込みできるよう要望書が出されたそうですよ。

  5. >AJITOoff
    キターv(^^)v では後日矢文にて
    >TEX沿線情報
    すごい情報網ですね
    では筑波C級グルメツアー 宜しくです>茨城 蒼の参號隊どの

  6. お帰りなさ~い!
    ハンス・ホールベックにソーセージを食べ比べに行きましょう!
    利根運河経由ハンス・ホールベック行き。
    帰りは、「喜八堂」経由というのは?
    全行程で110km位だと思います。
    手賀沼経由だとセンチュリーです。(笑)<かなり疲れます

  7. あ、すっかりコチラのコメント書くのを忘れてました。
    きや氏:
    というわけで明日のAJITOoffよろしくです。
    筑波行きたいなぁ~。
    早く梅雨が明けないかな?
    Gib氏:
    利根運河経由でハンス・ホールベックまではら十分自走できますね。
    行きましょう!
    というわけで明日のAJITOoffよろしく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中