ディレイラー(その後)

今日は、午後から病院に先週の検査の結果を聞きにいくため休暇を取り、自宅に6時ごろ到着。
結構雨が降っていたのですが、KHS F20-Rのディレイラーを直してもらいに、ライトサイクルさんに行ってきました。
(何で購入店に行かなかったかと言うと、平日の営業時間午後6時までなんですよ。土日は午後5時って。。。)
もちろん車に積んでですよ。
見てもらった結果、次のような状況がありました。(他にもまだあったかもしれないけれど忘れてしまいました)


(フロントディレイラー)
症状:シフトチェンジしない。ワイヤーのテンションが保てない
状況:
1 ディレイラー本体のネジの取り付け方法が間違っていた。 (前回外したときのつけ間違え。(^_^;)
050825_20530001
赤丸部分。ネジ受けの付け間違い
2 ワイヤーがもうダメ 
3 BB下のワイヤーケーブルがガードから外れていた → 修正
(フロントディレイラーのシフトチェンジが重かったのはこのせい。)
(リアディレイラー)
症状:1速に変換できない、シフトチェンジが重い
そこで、以下のような作業をしてもらいました。(以下備忘録)
(フロントディレイラー)
1 ディレイラーを正しい位置に取り付ける。
 フロントディレイラーとアウターギアとのすき間が1mmぐらいになるようにする。ロードの場合はアウターギアの一番上の部分であわせるが、KHS F20Rの場合は、一番後ろで合わせる。(写真参照)
050825_23210001
2 ワイヤー交換(グリスアップも)
3 ワイヤーケーブルを正しく設置
4 ストローク調整
 (1)フロント(アウター)×リア(ロー)の一番外側になる組み合わせで、フロントディレイラーとチェーンがスレスレになるように調整
 (2)フロント(アウター)×リア(トップ)の一番内側になる組み合わせで、フロントディレイラーとチェーンがスレスレになるように調整
5 シフトレバーに注油
(リアディレイラー)
1 ワイヤーのグリスアップ
2 インデックス調整
3 ストローク調整
 ローギアとプーリーが後ろから見て垂直になる状態にする
4 シフトレバーに注油
これで快適にギアチェンジできるようになりました。
さらにブレーキ周りのネジの緩みや、前輪ブレーキのクイックアジャスターが動かなくなっていたのも(このために前輪が外しにくくなっていた)、その他もろもろ納入時の作業ミスと思われる部分も直してもらいました。
やっぱり本だけではわからなかった部分とかいろいろありました。実際に説明を受けながら、作業を間近で見せてもらったので、本だけではわかりにくかった部分も、非常に良くわかりました。
次回からは自分でできるかな???
いろいろアドバイスを下さった皆さんどうもありがとうございました。(特にfukuzoさん。)
PS.病院の検査の結果ですが、血液検査でヘモグロビン値は普通(12)だったものの、血清鉄(Fe)が27と基準値以下のため、現段階ではホルモン治療は行わず、鉄剤を飲んで様子をみることになりました。3ヵ月後にまた受診します。

広告

ディレイラー(その後)」への8件のフィードバック

  1. やっぱり本に書いてある通りの事をするんですよね>自転車屋さん
    でも、ディレイラーの調整は、自分でやると難しい技能です。
    メンテ台で調整しても、ペダルを踏んで走行していると、加重と惰力で上手く変速しなかったり、、
    良く考えてみれば、スプロケットのわずかな隙間を正確に移動する機構って精密機器的、日本人向きな技術ですよね。
    偉いぞ!>SHIMANO<もっと安くすれ!

  2. 台風接近の雨の中、ご来店いただきまして誠にありがとうございました。
    また、短い時間にあれだけ記憶しているとは、恐れ入ります。
     私もかれこれ30年以上前は、同じような失敗だらけでした。
    ご自分で調整したり、整備したりすることはとても重要です。しかし車両なので、危険を伴うことも認識していただければと思います。
    出来れば定期的に見せていただき、常にベストの状態でお使いいただけたらと思います。
    費用はほとんどかかりませんので。
    今回、雨天でしたので、コース等でのテストが出来ませんでした。微細なインデックスずれもあるかもしれませんので、ワイヤー伸びも含め
    再調整(無料)にぜひお越しください。
    またのご来店をお待ちしています。
    ありがとうございました。
    pakka様
    ディレーラー整備はシマノの整備書通りの作業が推奨されています。
    まずは基本通りですが、グレードの応じてワイヤーのグリスが違っている等、ワイヤーの取り回しを見直したり多くの項目が他にございます。
     出来る限り軽い操作で、スムーズな変速が出来るように調整するのは、案外難しいのです。
    元来チェーンは真っ直ぐ駆動するためのもの。
    それを捻って使う自転車の変速構造は、効率が悪いのです。
    思えばシマノがチェンのアウタープレートを膨らませたところから、変速へのチャレンジが始まりました。最初は伸びが出るので、バカにしていたのですが、、
    シマノは、もう充分安いと思いますよ。

  3. 調子が良くなったようで良かったですね!
    やはりショップに持ち込みしたあとは全然違いますよね~。
    自分で出来れば一番なのですが手間を考えると最近は持ち込みばかりです…
    僕はボケーッと見てるだけですし、聞いてもすぐ忘れちゃうので今度はメモ帳を持ちながら行ってみようかな(笑)

  4. pakkaさん、こんばんは。
    本を読みながら大胆にいじっていましたが、本当はとても繊細な作業だということがよく分かりました。(^_^;
    メンテ教室のようなものがあったら参加したいなぁ。。。
    >スプロケットのわずかな隙間を正確に移動する機構って精密機器的
    すごい仕組みですよね。世の中には頭がいい人がいるんですねー。
    ライトサイクル様、昨日はありがとうございました。
    雨で試走できませんでしたが、土日で走ってみて調子を見てみようと思います。
    >出来れば定期的に見せていただき、
    こちらも定期的に見ていただけるとありがたいです。
    また、走った調子で何かあればお伺いいたします。
    まだまだ分からないことだらけですが、少しずつ自分でいじって覚えていこうと思います。またいろいろと教えてください。
    鹿之助さん、こんばんは。
    >やはりショップに持ち込みしたあとは全然違いますよね~。
    シフトチェンジがうそのように軽くなりました。走るのが楽しみです。
    >手間を考えると
    結構時間かかっちゃいますよね。おかげで月曜から寝不足になっちゃいました。(凝り性なので・・・)
    >聞いてもすぐ忘れちゃうので
    私もすぐに忘れちゃうので、帰ってからなるべく忘れないうちにブログに書いちゃいました。意外と後で見直すと役立つんですよね、ブログ。

  5. 治ってよかったですー
    ワイヤー交換後の操作の軽さはビックリだったでしょう?
    やっぱりちゃんと整備してくれる自転車屋さんはいいですねー
    でもアウターに変速したときに内側にチェーンが落ちてしまう現象も直ったのでしょうか?
    まあ、ちゃんとアウターに入って落ちなければ問題無いハナシですね。

  6. fukuzoさん、こんばんは。
    土日でかけて自転車に乗りたかったため、自分で直すことはあきらめ、自転車屋さんにお願いしました。
    ワイヤー交換ってすごい効果あるんですねー。
    おかげ様で絶好調。
    シフトチェンジも楽だし、フロントのチェーンも1回も脱落しませんでしたよ!

  7. いつもお世話になっています。
    ブレーキのワイヤー取り付け部分を再修理したいので、お渡ししましたスペーサーとともに、
    お手数ですがお立ち寄り下さいますでしょうか。
    同様の症状のBIKEを修理しましたところ、ブッシュを薄くすることで解決できました。
    不完全のままでは、気になりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

  8. LIGHTCYCLEさま
    すみません。あれからもう1ヶ月半ですね。
    行こうと思いつつ、週末出かけてしまい、なかなか行けてませんが、今週末伺おうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中