師匠のミニコンサートに行く

今日は夕方から、Bossa Nova Vocalの師匠である、伊藤ノリコさんのミニコンサートに行ってきました。
日本橋高島屋の屋上に「TOPISLAND」というオサレなコーナーができ、そのこけらおとしのミニライブ。
Vo.伊藤ノリコ、Fl.上田智子、G.長澤紀仁、B.塚田信市という構成で、天気の良い午後のひとととき、まったりとボサノバのリズムに揺られてきました。
日差しは強いものの、吹き抜ける風は涼しく湿度もなく気持ちいい~!

日本橋高島屋は実家から近く、子どもの頃から良く遊びに行っていたのですが、
場所柄のせいか、年配の方が多いんですよねー。
今日のミニコンサートでも最前列にはおじいちゃんが陣取ってましたが、どうだったのかな?

2時からと4時からの回があったのですが、4時からの回を聞きに行きました。
曲は、Samba De Verao(サマーサンバ),Corcovado(コルコバード、ジャズではQuiet Nights of Quiet Stars),Lamento No Morro(モーホーの思い出)、So Em Teus Bracos(あなたの胸の中で),O Fundo,A Ra(カエル)の6曲。※綴り字記号は省略

サマーサンバやコルコバードはボサノバでもメジャー中のメジャーで、「やはり今日はメジャー路線か?」と思ったのですが、
その後はさすが師匠という展開へ。

ノリコ師匠は4月に、2枚目のCD、「A PAZ(平和)」をリリース。
私も大好きなジョアン・ドナートの曲を中心に、なんとジョアン・ドナートご本人のアレンジ&ピアノで、これまたボサノバファンには超人気のワンダ・サーと競演しております。
1枚目の「Como a Flor」は歌とギター(ジョアン・ジルベルトのアルバムのタイトルではないですが)というマニアックな構成だったのですが、
2枚目は歌とピアノ、ギター、パーカッション、フルートという私の大好きな構成で、これまた大好きな曲が沢山入っていて、非常に聞きやすくなっています。
こちらで視聴できますので、聞いてみてください。
私はヘビーローテイションしております。

終了後、皆さんと「軽く」飲みに行くはずが、がっつり飲んでしまいました。
皆様とても気さくな方々で楽しかったです。

広告

師匠のミニコンサートに行く」への2件のフィードバック

  1. ボサノバの生演奏って良さげですね~♪
    天気も良かったし、音楽と天気が合ってそうです。
    日本橋界隈のデパートは近くにある分、1回も行った事がないんです。
    あの辺に大きな自転車屋ができれば
    しょっちゅう通っちゃうんですけどね(笑)

  2. 鹿之助さん:
    とても気持ちが良かったです。
    アイスラテを頼んでしまいましたが、ビールにしておけばよかったと後悔したくらいでした。
    高島屋の屋上は「犬の生活」というオサレな犬専門用品店があって、
    ドッグランもできてました。
    お子さん連れて行ってあげるといいかもー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中