ぽちっとしちゃいました(恥)

axim50v_front_131x145
昨年からVGA画面のPocketPCが登場しましたが、お値段が高い&大きいということで、
まったく食指が伸びなかったのでした。
アメリカではDELLのAxim50vが発売され、日本語版がでないかなー。。。
(出るかどうかもわからなかった)と思っていたところ、1月13日に日本語版が発売されました。
予想よりかなり早く日本語版が出たことと、予想よりも安かったので、ついうっかり(うそ)、注文してしまいました。
(今年は無駄遣いを止めよう・・・と思っていたのに。)
今のところ、到着は1月25日(火)予定。楽しみです。バッテリーの持ちが悪いようですが、MyBattery miniが活躍するかな?
こうなったら使い倒しましょう。
h2210はGPS専用機にしたいところですが、CFカードが外れる問題をどうするか。


■魅力的な点
・解像度(480×640ピクセル VGA)
 
 Webブラウズするには、h2210(QVGA(240×320ピクセル・最新型の携帯と同じ解像度)では
 厳しいので、あまりPocketPCではWebは見ていません。
 解像度が上がることで、細かくなるかもしれませんが、Webブラウズが実用的になるのでは、
 と思っています。
 Webだけでなく、地図や予定表なんかもVGAにすることで一覧性が高くなると思います。
 さらに、VGAのPocketPCの中で最安(2005年1月15日現在)となっています。
 
現在発売されているVGA・PocketPCの一覧

機種名(メーカー)大きさ(WxDxH(mm))液晶サイズ(解像度)重さ(g)お値段(税込)
Axim X50v(デル)73×16.9×1193.7インチ(480×600)175g54,800円(デル)
LOOX V70(富士通)約73×16.9×1183.7インチ(480×600)約165g69,090円(amazon.co.jp)
Genio e830w(東芝)77×16.7×1354.0インチ(480×600)約200g74,800円(amazon.co.jp)
iPAQ hx4700(日本HP)77x15x1314.0インチ型(480×600)約187g69,930円(日本HP)
(参考)iPAQ h2210(日本HP)76×15×1153.5型(240×320)約144g35,700円(amazon.co.jp)

・大きさ
 私は手が小さいし、女性の服にはモノがきちんと収まるポケットがないので大きさと重さにはこだわりがあるのですが、現在使っているh2210と比べても、奥行き1.9mm×縦4mm大きくなるだけ、逆に幅が3mm狭くなります。(これはうれしい)
・CFカードスロット(TYPEI/II)
 PDAをネットに繋ぐにはやっぱりPHSが現実的。
 現在は、So-netのPHSパケット通信サービスBitwarpを使っています。
 PCでも使うので、BitwarpPDA(認証PDAなら月2000円で利用時間無制限)ではなく、20H(月20時間まで3,600円、128kbpsで通信可能)です。
 通勤途中などでしか利用していないので、月20時間までで十分なようです。
 月20日通勤として1日1時間利用できる計算。
 (ちなみに12月の利用時間は4時間27分、1月は14日までで2時間34分しか利用していません。)
 
・無線LAN搭載
 h2210には常時Bitwarpカードをつけていますが、無線LANを使う場合は、CFカードを差し替えて使っています。
 これが正直取り外しもめんどくさいし、外したほうのカードの置き場所にも悩みます。
 無線LAN搭載ならば、外ではBitwarp、家では無線LANというのがスムーズにできると思います。
 また、東京メトロでは全駅でHotSpotが利用できるようになったそうですが、私は都営線を使っているので、都営線も早くHotSpotを設置してくれると、ますます便利かも。
 あとはスタバとタリーズ。お願いしますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中